こんにちは。

今日は、とても基本的で重要な、12星座の分類のお話です。

12星座はいろいろとグループ分けできるよ

12星座は、2区分、3区分、4区分という感じで、グループ分けすることができます。

2区分は、先日の記事で少し書きましたが、12星座を「陰陽」に分けるもの。陰の要素の星座は女性星座、陽の要素の星座は男性星座と呼ばれます。

3区分は、12星座を「行動様式」と呼ばれる行動パターンで、3つのグループに分けるというもの。

4区分は、12星座を、火・地・風・水という「エレメント(元素)」で4つのグループに分けるというものです。

12星座を理解するときには、この分類を知っておくことがとても役に立ちます。12星座それぞれの性質を、1つ1つ覚えていくのは結構大変なものですが、この分類による性質を組み合わせていくことで、その星座のイメージが見えてきますよ!

そして、これをしっかり覚えておくだけでも、自分自身の全体像をつかむことができちゃいます:D

2区分について

2区分は、12星座を陰陽に分けるものです。
おひつじ座から始まって、交互に男性星座、女性星座・・・とくり返していきます。

陽である男性星座は、おひつじ座、ふたご座、しし座、てんびん座、いて座、みずがめ座の6つです。

陰である女性星座は、おうし座、かに座、おとめ座、さそり座、やぎ座、うお座の6つです。

男性星座

男性星座は、気持ちが外に向かっていて、能動的な性質です。自分中心の考え方をし、自己実現を目指そうとします。

女性星座

女性星座は、気持ちが内に向かっていて、受動的な性質です。人とのつながりやまわりの環境が快適であることを重視します。

3区分について

3区分は、12星座を「行動様式」と呼ばれる行動パターンで、3つのグループに分けるというもの。

行動様式とは、どんなふうに物事に対応していくのか、行動を起こしていくのか、ということを意味しています。

活動タイプと、不動タイプと、柔軟タイプの3つに分かれていて、おひつじ座は活動タイプ、おうし座は不動タイプ、ふたご座は柔軟タイプ・・・というように、3つをくり返していきます。

活動タイプ

活動タイプに分類されるのは、おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座の4つです。

これらのタイプは、その名のとおりとても活動的で、あらゆる可能性を試したいという考えを持っていて、とりあえず動きます:D
自分から物事をスタートさせて動かしていくパワーがあります。

不動タイプ

不動タイプに分類されるのは、おうし座、しし座、さそり座、みずがめ座の4つです。

これらのタイプは、ゆるぎない信念を持っていて、集中力と不屈の精神で目標を達成させるパワーを持っています。
また、その名の通り「動かない」という性質もあり、どんなに苦しさや不満を感じていても耐え忍ぶ傾向もあります。

柔軟タイプ

柔軟タイプはに分類されるのは、ふたご座、おとめ座、いて座、うお座の4つです。

これらのタイプは、環境への適応能力が高く、まわりに自分を合わせていく傾向があります。
流動性と順応性を特徴とし、どんな状況にも自分を合わせていくことができるでしょう。その分、「自分」というしっかりとした芯は失われがち・・・。

4区分について

4区分は、12星座を、 火・地・風・水という「エレメント(元素)」で4つのグループに分けるというものです。
宇宙に存在する全ては、この4つの元素で出来ている、という古代ギリシャ哲学の考えからきています。

エレメントは、私たちが行動を起こすときに動機となるものを象徴しています。

おひつじ座は火、おうし座は地、ふたご座は風、かに座は水・・・というように、4つをくり返していきます。

火のエレメント

火のエレメントに分類されるのは、おひつじ座、しし座、いて座の3つです。

このグループは、火の象徴する情熱や勢いの良さ、潔さを特徴としています。
勇気があってエネルギッシュ。物事の判断は直感に従ってすることが特徴で、常に新しい世界や可能性を追い求めるイメージです。
自分を表現し、行動しようとするパワーは、他のどのエレメントにも勝ります。

地のエレメント

地のエレメントに分類されるのは、おうし座、おとめ座、やぎ座の3つです。

このグループは、地に足のついた考え方が特徴的で、実際に形のあるものや目に見えるものに価値をおきます。
堅実で保守的。計画性があり地道に努力します。物事の判断は、快・不快、つまり五感を通じた感覚を基準としています。
目標を達成したり、実用的であろうとすることにかけては、他のどのエレメントにも勝ります。

風のエレメント

風のエレメントに分類されるのは、ふたご座、てんびん座、みずがめ座の3つです。

このグループは、吹く風の象徴する、自由に動き回るさまや、変化を特徴としています。
知的好奇心が旺盛でアイディアにあふれています。物事の判断は、とても論理的で、情に流されるということがありません。
常に冷静で、客観的に物事を見ることのできる姿勢は、他のどのエレメントにも勝ります。

水のエレメント

水のエレメントに分類されるのは、かに座、さそり座、うお座の3つです。

このグループは、水の象徴する潤いや流動性を特徴としています。
感受性豊かで同情心にあふれています。物事の判断は、好きか嫌いかというフィーリングによって決まります。
他人への思いやりや、共感する能力にかけては、他のどのエレメントにも勝ります。

まとめてみると・・・

今まで見てきた、2区分、3区分、4区分をまとめてみると、次のようになりますよ❣

おひつじ座 (男性星座・活動タイプ・火のエレメント)
おうし座  (女性星座・不動タイプ・地のエレメント)
ふたご座  (男性星座・柔軟タイプ・風のエレメント)
かに座   (女性星座・活動タイプ・水のエレメント)
しし座   (男性星座・不動タイプ・火のエレメント)
おとめ座  (女性星座・柔軟タイプ・地のエレメント)
てんびん座 (男性星座・活動タイプ・風のエレメント)
さそり座  (女性星座・不動タイプ・水のエレメント)
いて座   (男性星座・柔軟タイプ・火のエレメント)
やぎ座   (女性星座・活動タイプ・地のエレメント)
みずがめ座 (男性星座・不動タイプ・風のエレメント)
うお座   (女性星座・柔軟タイプ・水のエレメント)