こんにちは。

心が闇に飲まれそうなとき、そこで「生」へと踏みとどまれるかどうかというのは、なににかかっているんでしょうね。

孤独感は心を蝕んでいく

人生において、闇の中をさまよっているような気持ちになる、そんな時期は、その闇の深さに違いはあっても、誰にでもあるんじゃないかと思います。

特に、強烈な「孤独感」は、ジワジワと私たちの心を蝕んでいきますね。

「自分は誰ともつながっていない」
「自分は誰からも理解されない」
「自分は誰からも必要とされない」
「自分は誰からも大事にされない」
「自分は誰からも愛されない」

そんなふうに思ってしまったとき、私たちはどうすればよいのでしょう。

特に若いうちは、視野もあまり広くないのでね。

自分のいる世界がすべてだと感じやすいし、まわりに誰も頼れる人や話を聞いてくれそうな人がいないと感じやすいのではないかと思います。

そして、どんどん心が追い詰められていってしまうのかもしれません。

孤独を感じるときは自分としっかりつながろう

もしも、自分のまわりで起こっていることやまわりの反応が、自分自身の心の中の投影だとしたならば。

誰ともつながっていない ⇒ 自分が自分自身とつながっていない
誰からも理解されない ⇒ 自分が自分のことを理解していない
誰からも必要とされない ⇒ 自分が自分のことを必要な存在だと思っていない
誰からも大事にされない ⇒ 自分が自分を大事に扱っていない
誰からも愛されない ⇒ 自分が自分を愛していない

強烈な孤独を感じるときは、「自分自身としっかりつながりましょう」というサインなのかもしれません。

まわりとつながるのではなくて、自分自身としっかりつながる必要があるのですね。

「自分とつながる」というのは、「自分の本質とつながる」という意味ですね。
言い換えると、自分の魂とつながる、ということです。

なぜこの世に生まれて、この人生でなにをしようとしているのか、そういった核心的な部分を知っている魂につながる、ということですね。

自分の本質を生きていないといつか息苦しくなる

私たちは、自分の魂とつながる前に、家族や社会やまわりの環境とつながりやすいのですね。

まずはこの社会の中で生きていかなくてはならないから、生存本能として、まわりの環境に適応することを一生懸命に学ぶのですね。

でも、適応することと、まわりにつながり続けて生きることは、似て非なるものなのです。

まわりにつながって生きれば生きるほど、自分とのつながりがなくなっていきます。

そのうち、まわりからの評価やまわりの反応が、自分のアイデンティティにとってかわってしまい、それに依存することになるでしょう。

ずっとそのままでいくと、いつか息苦しくなるのですね。

なぜなら、自分の本質を生きていないから。
自分の心(魂)とつながっていなければ、自分の本質を生きることは難しくなりますね。

本当の自分へと返る旅をしよう

もし、まわりにつながり続けて生きてきてしまったら。

どこかで軌道修正する必要があるでしょう。
まずは、「なにかがおかしい」ということに気づくことから。

気づいてしまえば、あとは勇気を持って、「本当の自分を知る旅」へと踏み出すだけですね:)
「本当の自分に返っていく旅」という言い方でもいいですね❣

その旅に、ルールはなにもありません。
なにか癒したいものがあれば癒していけばいいし、捨てなくてはいけない思い込みがあるなら捨てればいいし。

心が求めているものを、ひたすら追い続けてもいいし。

とにかく、自分の心(魂)の叫びに従い続けること。それに尽きます。

普遍的な教えを後輩たちへと受け継ごう

私たち人間の歴史は、地球の歴史に比べたらほんの一瞬に過ぎませんが、それでも、先人たちの素晴らしい教えは、世の中にたくさん残されていますね。

それは、小説だったり、詩だったり、歌だったり、絵だったり、映画だったり。
いろんな形で、先人たちの叡智がつまった作品が残されています。

時代がいくら変わっても、私たち人間の本質や悩みというのは変わらないのですね。

だからこそ、前向きな叡智の詰まった素晴らしい作品たちに、数多く触れ続けることは、私たちの救いになるのだと思います。

特に、「生きろ!」という力強いメッセージが感じられるものには、無条件に胸を打たれますね。
なぜなら、私たち人間の本質は「生きる」ことでもあるからです。
私たちは「生きる」ために生まれたのですね。

私たちも先輩として、子供たちや後の世代の人々に、そんなメッセージを受け継いでいきましょうね❣