こんにちは。

今日も西洋占星術のお話です。

1つの星座は30度に分けられる

西洋占星術で使う星座は全部で12ありますね。1つの星座は、実は細かく30度に分けられています。

12星座✕30度で、360度。ちょうど円になりますね。
おひつじ座の1度からスタートするとして、うお座の30度までいくと、おひつじ座の1度にまた戻っていくわけです。そして、ぐるぐると回る。

みなさんがいちばんよく知っている太陽星座は、1日に約1度ずつ進みます。
1つの星座は30度なので、だいたい1ヶ月で次の星座に移っていくことになります。

細かく見ていくと、同じ太陽星座の人だったとしても、正確には度数が違ってきます。
たとえば、太陽星座がおひつじ座になる3月21日~4月20日の間に生まれた人でも、3月21日生まれの人はおひつじ座の1度、3月31日生まれの人はおひつじ座の10度・・・というように、同じおひつじ座でも度数が違ってきます。

余談ですが、細かくこの度数で占う「サビアン占星術」という手法もあったりします。1度1度、全360度分の、それぞれの意味がちゃ~んとあって、それで占っている人もいたりしますよ。

プログレス法(進行法)の計算の仕方

で、今日は、この太陽星座を使って、私たち1人1人の、意識の変遷を知ることができるよ、ということをお伝えしたいのです。

ちょっと専門的な言葉で難しく感じるかもしれませんが、今日お伝えするのは簡単な計算でできるのでね。
ぜひ参考にしていただければと思っています❣

西洋占星術には、プログレス法(進行法)という手法があります。

私たちが生まれた瞬間の星の配置図は「出生図(ネイタルチャート)」と言われるのですが、この出生図の星を、年齢を重ねるとともに、少しずつ動かして、私たちがどのように成長していくのかを見る、という手法です。

このプログレス法の星の動かし方も何種類かあったりするのですが、一番メジャーなのは、「1日は1年を象徴している」という考え方に基づく「1日1年法」と呼ばれるものです。

1歳のときの状況は、誕生日から1日後の星の配置図、10歳のときの状況は、誕生日から10日後の星の配置図が表している、と考えるのです。

たとえば、3月21日生まれの人がいたとして、20歳になったときには、3月21日に20日を足した4月10日の星の配置図を、20歳の時のチャートとして見ることができる、というものです。

太陽の動きで意識や価値観が変わっていく

さて先程、太陽は1日に約1度進む、と書きました。
1つの星座は30度。太陽は、1日に1度進む。ということは、プログレス法にあてはめると、太陽は30年で1つの星座を移動していく、ということがわかります。

太陽星座は、私たちにとって一番重要な星で、私たちの核となっている意識であり、人生の目的、使命、方向性までも意味するものでしたね。

生まれたときの太陽星座の意識は、基本的にずっと私たちの中心にあり続けるのですが、年齢とともに、私たちも成長していくのです。
プログレス法で見ていくと、太陽星座が移り変わる時が必ずやってくるのですね。

たとえば、先程の3月21日生まれのおひつじ座1度に太陽があったときに生まれた人の場合。

30歳まではおひつじ座の意識そのものが中心にあるわけですね。でも、31歳になると、プログレスの太陽はおうし座へと動くわけです。3月21日から31日後の、4月21日のチャートでは、太陽がおうし座1度になるからです。
ここで、「おうし座の太陽」という意識が、この人の中に生まれるわけです。

それまでは、おひつじ座的な、自分のやりたいことは何でもやる!積極的に行動する!とにかくチャレンジ!という意識が中心にあったけれど、31歳からは、おうし座的な、自分が本当に心地よいと感じられる場所や物をゆっくりと吟味して、それを手に入れていく、という意識に変わっていくのです。

私たちは30年かけて1つの意識や価値観を経験する

ここでポイントなのは、もともとのおひつじ座の意識が消えてしまう、ということではなくて、それはあくまでもベースにありながらも、新しい価値観が生まれてくるとゆーか、受け入れていくとゆーか。新しい視野が開ける、そんなイメージです。

1つの星座には30年いるのでね。非常にゆっくりですが、30年かけてその星座の価値観や意識を、経験して自分のものにしていく、という感じでしょうか。
そして30年過ぎたら、また次の星座にプログレスの太陽は移り、また新しい価値観を経験していく、という流れなのです。

私たちの寿命をだいたい90歳前後だとすると、少なくとも3つの星座を太陽は移動し、多い人では4つ~5つの場合もあるでしょう。

人生の中で意識や価値観はどう変わっていくのか

みなさんも、自分の太陽星座の動きを振り返ってみてくださいね。
何歳の時に、大きく意識が変化していったのか。それを確かめてみてください。

ただ、まだ「自分」というものが確立される前にプログレスの太陽が動いた人は、あまりそれを自覚できないかもしれませんね。そんな場合は、これから来る太陽の移動のタイミングを楽しみにしてみてください:D

自分の意識の旅は、何座から始まって何座まで行くのか。
そしてその変化は何歳ぐらいにやってくるのか。
それを考えるだけでも、ざっくり大きくですが、自分の人生の流れが見えてくるかと思います。

参考までに太陽星座の動き

以下に、太陽星座の動きを書いておきますので、参考にしてみてください。
若干のズレ(1日弱前後)はありますが、太陽はほぼ毎年同じ時期に同じ場所にいます。

おひつじ座 3月21日~4月20日(4月6日前後がおひつじ座15度)
おうし座  4月21日~5月21日(5月6日前後がおうし座15度)
ふたご座  5月22日~6月21日(6月6日前後がふたご座15度)
かに座   6月22日~7月22日(7月8日前後がかに座15度)
しし座   7月23日~8月23日(8月8日前後がしし座15度)
おとめ座  8月24日~9月22日(9月8日前後がおとめ座15度)
てんびん座 9月23日~10月23日(10月9日前後がてんびん座15度)
さそり座  10月24日~11月22日(11月8日前後がさそり座15度)
いて座   11月23日~12月22日(12月8日前後がいて座15度)
やぎ座   12月23日~1月20日(1月6日前後がやぎ座15度)
みずがめ座 1月21日~2月19日(2月5日前後がみずがめ座15度)
うお座   2月20日~3月20日(3月7日前後がうお座15度)

次の記事で、事例を交えてもう少し詳しく解説しています!
⇒人生では2~3回大きな意識の変化がやってくる