こんにちは。

私は韓国ドラマが好きでよく見ております。今でこそ見る数はちょっと減りましたが、全盛期には1日に10時間分ぐらいのドラマを録画して、毎日見ていたぐらい・・・。
どうやって消費していたのか謎w
最近はちょっと落ち着きを取り戻しております:D

私は不幸のもとに生まれている、という思い込み

さて、今見ているドラマで、「運勢ロマンス」というものがありまして。ラブコメなので、気軽に見ているのですが、1つとっても気になることが。
それは、主人公の女子が、自分は最悪の運命を背負って生まれてきていて、まわりで不幸が起こるのはすべて自分のせいだと思い込んでいるということ。

両親が事故に遭って亡くなったり、妹も(別の)事故で昏睡状態に陥ったりと、彼女が原因だと思おうとすれば思えなくもない理由も一応あったりはします。

でも、彼女の中に、「私は不幸な運勢を背負っているのだ」という信念を植えつけてしまったのは、占い師の言葉です。

「お前はひどい厄運を持って生まれてきている。一緒にいると、まわりの人を不幸にする。幸せになろうなどと思うな。」と。

そんなひどいこという占い師の言葉なんて聞かなければいいのにー!!と思うのですが、まぁそこはドラマの設定なんでね。

占い師の言葉は暗示になってしまっている

実は、この占い師の言葉、催眠暗示になってしまっているのです。

私たちは、とてもビックリすることがあると、瞬間的に催眠状態に陥ってしまいます。
左脳の働きが一時的にストップして、とても無防備な状態になってしまうんですね。
催眠状態になるとどうなるか。言われた言葉がどんどん潜在意識に入り込んで、それを信じてしまうのです。

占い師が、「家族の不幸はすべてお前の厄運のせいだ」などとひどい言葉を言ってしまったら。
たいていは、精神的に弱っていて、なにかにすがりたいから占いに来るわけです。(もちろんこれは絶対ではないですが)
そんなときに、とてもショックな言葉をちょっと権威的な立場の人(この場合は占い師)から言われたりしたら・・・。もう完全に思考はストップしちゃいますよね。

恐怖をあおるような言葉でビックリさせて、そのあとに暗示をどんどん入れていく。
これをすれば救われます、お布施をすれば救われます、この壺を買えば・・・、ってね:D

これ、実は悪徳商法とか、悪徳占い師wとかが使ってたりするやり方なんですね。そうやって無防備な精神状態にいる人に、いろんなことを信じ込ませていく。
ある種の催眠状態になってしまっているから、言われた人は、どんどん信じていってしまいます。
ちなみに、オレオレ詐欺もこの手法ですね。

悪い運勢なんて、そもそも存在しない

私も占い師を10年ほどやっていますが、そもそも「厄運」なんてもの、私はないと思っています。

韓国ドラマでは、よく四柱推命で命式を見て判断しているシーンがありますが、確かに四柱推命は結構シビアな見方をする占いなのでね。
教科書をうのみにしてそのままに鑑定したら、「災厄があるでしょう」とか「運の悪い命式ですね」みたいに言ってしまう占い師もいるのかもしれません。

でも、そんなことを言う占い師のことは、絶対に信じてはいけません。
私たちは、不幸になるために生まれてきてなんていないのです。そんな人は誰一人いません。
私たちはみな、進化成長するために、いろいろなことを経験して味わうために、生を受けてこの地球で生きているのです!

もし、あまり良くないと思えるような運勢が見てとれたとしても、それはただの可能性であって、必ずそうなるわけでは決してないし、そのあまり良くないと思えるような運勢は、その人が進化成長するために必要な『ベース』なのです。

つまり、それがその人の特徴であり、個性なわけです。
それに他人がケチをつけるんじゃない!と思うのですね。

そもそも「幸運に恵まれる運勢」とか「不幸になる運勢」とか、何をもとに幸運とか不幸を判断してるのか、という話です。
しかも、誰がそれを決めたのか、ってね。

正面からガッツリ向き合う勇気を持とう!

私たちは心が弱っているとき、なにかにすがったり、理由を求めたくなるものです。
でも、それでは本当の解決には至りません。一時的にちょっと救われたような気持ちになるかもしれませんが、また元に戻ることになりかねません。
なぜなら、根本的な部分は解決していないからです。

本当に強くなりたいなら、解決したいと思うのなら、ガッツリと向き合っていくしかないのです。
それはもしかしたら、自分の弱い(と思い込んでいる)心かもしれないし、自分の中にある恐れかもしれません。
でも、正面から向き合ったとき、初めて見えてくるものがたくさんあるはずです。

それは勇気がいることかもしれませんが、幸せになるためには一番の近道なのです。

意図して行動することがすべて

私たち人間には、「創造力」という素晴らしい能力が備わっています。
人生をいかようにもクリエイトすることができるのです!

持って生まれた運勢がその人の個性なら、それをいかに調理して何を作り上げていくのかは、その人次第です。
あまりよくない運勢だからと、それを言い訳にして何もしなければ、な~んにもならないし、逆に良い運勢だからと、それに甘んじて何もしなければ、もちろん何も生まれません。

結局は、どうなりたいのかを意図して、そうなれるように行動していく。
それに尽きるのです。

でも、人生の中では、そんなふうに強気に行動できないときもあるでしょう。
そんなときは、占いを活用してみるのも1つです。
でもあくまでも、ひとつの情報として、ヒントとして参考にしていただけたらなぁと思います。占い師の言葉に振り回されたり、一喜一憂しては本末転倒です。
あくまでも主体は私たち自身なのだ、ということを忘れないでね:D