こんにちは。

私たちは、「不安」で心がいっぱいになってしまうことがありますね。

不安に襲われたときはどうしている?

不安に襲われても、すぐに気持ちを切り替えられるのならば、それはとても素晴らしいことですが、そうも出来ない場合。

いくら気を紛らわせようとしても、何も手につかなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、みなさんはどうしていますか?

安心できるような言葉を言ってくれる人に相談しますか?
お酒を飲んで忘れようとつとめますか?
それとも、不安が過ぎ去るのをやきもきしながら待ちますか?

いったん強く「不安」にとらわれてしまうと、なかなか冷静になることはできませんね。
そして、ただただ不安から逃れるためだけの行動をとろうとしてしまうんですね。

でもね、それでは、根本的な解決には至らないのです。

再び不安が襲ってきたら、また同じことを繰り返すしかなくなってしまうのですね。

不安を解消するには不安と向き合うしかない

不安を解消する最善の方法は、逃げずに不安としっかり向き合うしかないのですね。

「なぜ自分は不安を感じるのか」、「なにが不安なのか」、そこをじっくりと見ていくのです。

たとえば、恋人との関係性がうまくいかなくなっている人がいるとして、相手の態度がだんだん冷たくなっていくのを感じているとします。

なぜ彼は冷たくなったのかしら、私はなにか悪いことをしたのかしら・・・

そうやって、ぐるぐると考えても答えは出ないんですね。
むしろ、妄想が暴走していくだけですね:)

もちろん、直接彼に疑問をぶつけて、納得できるような答えをもらえるのならば、それに対応していくこともできますが、そんな勇気すら持てない場合。

「自分がこんなに不安なのは、彼が冷たいせいだ」という認識だと、彼にばかり意識が向いてしまうんですね。
彼の態度が普通に戻ったらば、不安は去るかもしれませんが、また彼に同じような態度を取られた場合、また不安を感じるしかないのですね。

そうなると、彼が主体になってしまい、彼の一挙一動にビクビクして振り回されるだけ、というパターンに陥ってしまいます。

不安の奥に隠れた感情があるかもしれない

そうではなく、自分の心に意識を向けてみましょう。

「なぜ、自分はこんなにも不安を感じるのか」ということを、掘り下げていくのですね。
おそらく「彼と別れてしまいそうだから不安だ」という答えが返ってくるでしょう。

そこで、もう一度質問を投げかけてみるのです。
「なぜ、彼と別れることを不安に感じるのか」と。

「え?彼のことが好きだからじゃないの?彼が好きだから、別れたくないんじゃないの?」
そんな答えが聞こえてきそうですが・・・^^;

それも1つの理由ですね。
でも、もしかしたらそれだけではないかもしれません。

もしかしたら、
「恋人と別れることは、自分が見捨てられたように感じてしまうから不安」なのかもしれないし、
「愛する人とお別れするということに対する心の痛みがあって、もう二度と経験したくないと思っている」のかもしれないし、
「それまでは彼の経済力に甘えていたけれど、自分一人になってしまったら自活できないのではないかという、自分の能力に対する不安」があるのかもしれないし、
「誰も自分のことを愛してはくれない。自分は愛されない存在なのだ」という深い悲しみが、裏には隠されているのかもしないのですね。

ただ「不安」と言っても、その奥には、いろんな別の意味が隠されているかもしれません。
その奥にある気持ちに気づけないと、ただただ彼に振り回されるだけになってしまうし、彼に執着してしまう要因にもなってしまうんですね。

そしてそれに気づくには、自分の心とじっくり向き合っていくしかないのですね。

勇気をもって自分の心に向き合おう

自分の奥深くにある感情に気づけたなら、あとはどうすれば良いか、道は見えています。
ここまで気づくことが出来たなら、あとはそれを癒して解放していけば良いのですね:D

でも、ここに至るまでが、なかなか難しいものなのです。
私たちは、心の奥にある自分の本当の気持には、なかなか向き合うことが出来ないんですね。

特定の場面になると、「不安」という形でサインが送られてはくるのですが、その奥にある痛みや気持ちは、「もう思い出したくない」と、無意識に見ないようにしていたりするんですね。

それは、幼少期に同じような気持ちを経験していて、その時の気持ちがつらすぎて封印しているからかもしれないし、心の奥底にある気持を認めてしまったら、自分が崩れてしまうぐらいにギリギリのところで頑張っているからかもしれません。

ある意味、自分の心と向き合うのは、覚悟と勇気が必要なんですね。
でも、それをしない限りは、何度でも「不安」というサインは送られてくるでしょう。

だから、自分にそのような「不安のパターンがあるな」と感じるのなら、腹をくくって自分の心と向き合ってみましょうね。

自分ではなかなか奥底の気持ちにたどり着けないのなら、ぜひセラピーを活用してみてください。

ヒプノセラピー(催眠療法)は、自分の記憶や心の中を旅していくセラピーです。そこにはすべての答えが眠っていて、あなたを待っていますよ❣

⇒ 次の記事「痛みに向き合う勇気を持とう」でもう少し詳しく解説しています