こんにちは。

昨日は、西洋占星術で運勢を予想していく方法の第一弾をお伝えしました。

今日は、個人の運勢を予測していく方法についてお伝えします。

個人の運勢予測の方法

私たちは、生まれた瞬間の天体配置図(ネイタルチャート)を、みんな持っていますね。

10個の惑星が、それぞれどの星座の何度に位置しているのか、それが大事な基点となります。

そして、その自分の出生図(ネイタルチャート)の惑星たちに、現在進行形の惑星たち(トランジット)が、いつやってくるのか、それを見ていくのですね。

おさらい:10惑星がホロスコープ(12星座)を一周する速度

 太陽 :1年   (1つの星座に約1ヶ月)
 月  :約29日 (1つの星座に約2日半)
 水星 :約1年  (1つの星座に約1ヶ月)
 金星 :約1年  (1つの星座に約1ヶ月)
 火星 :約2年  (1つの星座に約2ヶ月)
 木星 :約12年 (1つの星座に約1年)
 土星 :約29年 (1つの星座に約2年半)
 天王星:約84年 (1つの星座に約7年)
 海王星:約164年(1つの星座に約14年)
 冥王星:約249年(1つの星座に約20年)

1つの星座の滞在期間は、単純に12で割った数字にしています。

※「水星」以降の惑星(「太陽」と「月」以外)は、逆行(地球から見ると後ろに戻っているように見える状態)を繰り返しながら進んでいくので、各星座への滞在期間は、実際はかなりバラつきがあります。

大事なポイント1:どの惑星への影響を重視するのか

ここで、大事なポイントです!

私たちはみんな、10個の惑星の意識を持っていますね。

その中でも、太陽、月、水星、金星、火星の5つは、「個人天体」と呼ばれています。
この5つの惑星は動きが早いので、誕生日が近い人でも、違う星座になることが多いのですね。
なので、私たちの、より個人的な性質を映し出すんですね。

私たちが個人の性質などを見るときには、この太陽から火星までの5つを重点的に見ていくことになります。

木星と土星は、1年〜2年半で1つの星座を動いていくので、「学年天体」という感じでしょうか:)

同じ学年の人であれば、だいたいが同じ木星、土星を持っていることになりますね。

天王星、海王星、冥王星は、動きがとてもゆっくりで、7年〜20年ぐらい、1つの星座に滞在します。
なので、「世代天体」と呼ばれます。

この3つの惑星に関しては、個人の資質を表すというよりも、世代の特徴を示しているんですね。

これらの特徴から、10惑星のうちでも、太陽、月、水星、金星、火星の5つの個人天体へ、現行(トランジット)のどの惑星が影響を与えているのか、というのは、とても重要なチェックポイントになるのですね。

私たち個人への影響が、ダイレクトにあるからなのです。

大事なポイント2:影響力の強い惑星は

惑星の影響力は、「遠い惑星ほど、影響力は強い」んですね。

現在、冥王星は「準惑星」に格下げされてしまってますが、占星術の世界では、冥王星の力はやはり一番強いんですね。

たとえば、現行(トランジット)の冥王星が、私たちの出生図(ネイタルチャート)の「太陽」や「月」にピッタリと重なったりするタイミングなどは、強い影響力が予想されるんですね。

しかも、冥王星は動きが一番ゆっくりでしたね。
なので、その影響も長い期間に及ぶわけです。

「強大な力の惑星が、私たちの個人天体に、長い間影響を及ぼす」

その渦中にあるときには、あまり自覚することが出来なかったとしても、惑星が過ぎ去ったあとに振り返ると、必ず影響力を実感することでしょう。

惑星の影響力は、冥王星の次に、海王星、天王星、土星、木星、という感じになります。

個人の運勢予測をするときのまとめ

個人の運勢を予測するには、私たちの出生図(ネイタルチャート)の太陽から火星までの5つの「個人天体」に、現在進行形(トランジット)の木星から冥王星までの「世代天体」が、どのようなコンタクトをとっているのか、それを見ていくのですね。

これが基本になりますが、もう1つ。

出生時間が分かる場合には、ハウスも正確に出すことが出来るんでしたね。

その場合は、ハウスのそれぞれの境目のライン(ハウスカスプ)を、現行(トランジット)の木星から冥王星までの惑星が通過するタイミング、というのも、大きな意味を持ってきます。

もちろん、太陽から火星までの惑星がハウスの境目のライン(ハウスカスプ)を通過するタイミングも意味はありますが、その影響力はやはり弱いのですね。
なぜなら、動きが早いので、あっという間に過ぎ去っていってしまうからです。

占星術師の中には、そこにも注目して、細かく運勢予測される方もたくさんいらっしゃると思います。

でも、やはり冥王星、海王星、天王星、土星、木星の影響をまずは見ていくことが大事かな、と私は思っています。

その中でも、1つの星座に滞在する期間が1年〜2年半という、中期的な予測をするのに使いやすい「木星」と「土星」の動きをチェックしておくのが、人生の流れを読むのに最適なのではないかな、と思います❣