こんにちは。

前回、ヒプノセラピーとはなんぞや?ということで、簡単な解説を書かせていただきました。

ヒプノセラピーとは、意図的に、顕在意識と潜在意識をつないだ状態にして、潜在意識の領域にある記憶や感情を呼び起こして、それをポジティブなものに書き換えるなどして再構築していこう、というものです。

ふだん私たちは、潜在意識から影響を受けているなんて、あまり考えていませんよね。なぜなら、理性で感情をコントロールし、それで表面上はうまくいっているからです。

でも、本当は、心の内側では、苦しくて苦しくてどうしようもなかったり、消しても消してもコントロールしきれない思いが湧き上がってきたりすることもありますよね。

そんな思いとちゃんと向き合って、解放していこう、というのがヒプノセラピーなのです。

その苦しみの原因を、潜在意識の中にダイブして見に行く。そして、その原因となっているものを客観的に見つめ直して、理解を深めていく。そして新たな意識に書き換えていくのです。

そうすることで、ずっと抱えてきたトラウマから解放されたり、ネガティブな思い込みから解放されたりするのです。もし、それまで苦しいと感じながら生きていたとしたならば、かなり生きやすくなるはずです。

いつの間にかたくさんの思いが潜在意識の中に蓄積されている

私たちは、生まれてから今まで、すべての記憶を心身に刻み込んで生きています。自分が感じたことや思ったことはもちろん、まわりのエネルギーにも敏感に反応して、それを取り込んでいたりします。

特に、生まれてから8、9歳ぐらいまでの間は、論理的な思考や理性がまだ働かない、とても無防備な状態なので、それはもうぐんぐんとあらゆることを吸収してしまいます。まるでスポンジみたいに(笑)

良いことも悪いことも、ポジティブもネガティブも。

そして、それが私たちのベースとなって、人格や考え方に影響を及ぼしたり、ある状況になると、特定の反応として出たりするのです。

だから、幼児~小学校低学年の子供時代って、本当にとっても大事なんです。イコール、家庭環境、育った環境って、とっても大事なんですね。

どんなふうに書き換えていくの?

さて、大人になっても、いつも自信がなくて、なかなか思い通りに行動できない人がいたとします。なにか事を起こそうとしても、一歩を踏み出すことがどうしてもできない。

そんな自分をもう手放したくて、その原因を探っていったとしましょう。

そうすると、小さい頃に、お手伝いしようとして失敗し、お母さんから「あなたは1人では何もできないのよ」と言われた場面にたどり着くのです。そのときに受けたショックと悲しみと罪悪感とともに、自分は1人では何もできないのだ、と、潜在意識にインプットされて、それが思い込みとなって、その後の人生にずっと影響をもたらしていたことが分かったりします。

大人になっても、なにか失敗したり、なにかうまくいかないことがあったりすると、「ああやっぱり自分は1人では何もできないんだ。」と、その思いを強めていくわけです。

でも、本当に1人では何もできないのでしょうか。そんなことはないですよね。自分に対する思い込みが、現実に1人では何もできないような状況を作り上げているだけなのです。

だから、その原因となった場面をもう一度しっかり見ていくわけです。

お母さんに「あなたは1人では何もできないのよ」と言われてどう思ったのか、どう感じたのか。その場面を再体験していくのです。そのときの状況や自分の気持ち、さらには、そのときのお母さんの本当の気持ちも探っていくわけです。「あなたは1人では何もできない」という言葉だけからでは汲み取ることのできない思いもすべてです。

そこでお母さんと素直なコミュニケーションをとっていくことで、新しい理解と記憶に書き換えていくわけです。

本気で解放したいと思うことが大事

自分の苦しみがどこから来ているのか、その原因がわかると、それだけでも大きな解放につながります。さらには、それをポジティブな理解へと変えることができたとき、もっともっと深い解放が訪れるでしょう。

でもそれは、すべて本人次第なのです。

本人が、本気で苦しい状況を解決したいと願っているかどうか、本気で手放したいと思っているか、本気で前進したいと思っているか、そこにかかっていると言っても過言ではありません。

自分を縛っている呪縛から、もう自由になることを本気で決めたとき、それはそれは素晴らしい祝福のエネルギーが降り注ぐんですよ(^^)

たくさんの愛と祝福と光に触れることができると思います。

その瞬間へとナビゲートするのが、ヒプノセラピストの醍醐味でもあり、人の魂の美しさと強さを感じることのできる素晴らしい瞬間です❣

ぜひあなたも、ヒプノセラピーの素晴らしさを体験してみてくださいね。きっと愛と感動に満ちた時間になることと思います。