こんにちは。

ヒプノセラピー(催眠療法)で「過去世退行」をすると、過去世の自分と現在の自分は、まったく関連性のない人生を送っているわけではないのだ、ということに気づかされます。

今生で私たちが関心を持つものだったり、好きになるものだったり、ご縁があったりするものは、過去世でも関わっていたものであることが多いのですね。

そして、「追求している人生のテーマ」のようなものも、過去世からの続き・・・であったりすることもあるのです。

今生は過去世から影響を受けている

過去世退行催眠では、過去世の人生を最期までみていきます。

「最期」という言葉のとおり、息を引き取る瞬間を体験し、さらには終わったばかりのその人生を振り返っていきます。

そのときに、もしもその人生でやり残したことがあったのならば、それは次に転生するときに持ち越すこともあるでしょう。

もしくは、「今度はもっとこんなふうに生きるぞ!」とか、「こんなことをやってみよう!」などと、何らかの決意を胸にすることもあるかもしれません。

残念ながら私たちは、この世に誕生するとそれらのことをすべて忘れてしまうので、現実生活の中でそれを思い出すことはほとんどないのですね。

でも、魂はちゃ〜んと覚えているのです。

理由はないけれどすごく惹かれてしますものがあったり、逆に、理由はないけれどすごくイヤな感じがするものがあったり・・・。
初めての場所なのに懐しい感じがする、とかね

面白いことに、過去世退行催眠をすることで、その理由にちゃんと気づくことが出来るのですね。

過去世も今生も魂の進化の道のり

過去世を旅することで、今自分が歩んでいる人生は、単独で存在するのではないのだ、ということに気づくことでしょう。

私たちはこの世に誕生したときからが「人生のスタート」だと思いがちですが、視野をかなり広げてみると、今生以前にも、いくつもの人生経験を積んできているのですね。

これまでのたくさんの人生経験から、今生に持ち越したものーー、ポジティブなものもネガティブなものも両方あるのですね。

私たちが人生に悩んで行き詰まっているように感じているとき、どうにもならないともがき苦しんでいるとき、そこには、過去世から持ち越した課題やテーマが隠れているかもしれません。

私たちが前向きに希望を持って人生をクリエイト出来ているとき、それは今生でやり遂げようと決めてきたテーマに、過去世から持ち越したポジティブな能力を発揮して取り組んでいるのだ、とも言えるのですね。

私たちはいくつもの人生を経て、学び、経験しながら成長を続けています。
それは、魂の進化の道でもあるのですね。

今生のすべての経験が1つの道へと続いていく

さて。
視点を現在の人生に移してみましょう。

この世に生まれたときからこの人生がスタートし、さまざまな学びや経験を経て、私たちは「今ここ」にいます。

いい時ばかりではなかったかもしれません。
闇の中をさまようような時を経て、今ここにいるのかもしれません。

でも、それらはすべて、成長のための貴重な経験なんですね。

人生は、断片的なものの連続ではありません。

どんな経験も想いも、すべてが1つの道となって、私たちの人生を彩っていきます。

なんの関連性もないように思える経験や出来事だったとしても、大きな視点で見たときに「ああ、そういうことだったのね:D」と、見事につながることもあるのですね。

腑に落ちた瞬間は、言葉を失うほどの感動に襲われることもあるぐらいです。

その渦中にいるときは、「なんでこんな経験しなくちゃいけないんだろう」とか「なんでこんなに苦しい思いを味わわなくてはいけないのだろう」と思うかもしれません。

でも、それはパズルの1つのピースであって、その経験がなかったらパズルは完成しないのだ、ということに、いつか気づく日がくるでしょう。

どんな経験もじっくりと味わって心に刻もう

私たちの魂の旅も、1つの人生の旅も、無駄なものは何一つありません。

だからこそ、どの瞬間も、どんな経験も、じっくり味わって心に刻んでいきましょうね。

その経験こそが、そのときの思いこそが、魂を美しく彩っていくのですから:)