こんにちは。

恋する女性のお悩みは、おつき合いしている彼との相性だったり、そのおつきあいの行方がどうなっていくのか、ということでしょう。

実際にご相談にみえるみなさんからも、そのようなご質問を多くいただきます。

女性にとって火星は好みの男性タイプ、金星は自分の恋愛スタイル

西洋占星術で恋愛運を見るとき、金星と火星を重点的に見ていくことになります。

女性にとっては、火星は好みの男性のタイプをあらわし、金星は自分自身の恋愛スタイルをあらわします。

男性にとっては、金星は好みの女性のタイプをあらわし、火星は自分自身の恋愛スタイルをあらわします。

以前も書いたと思いますが、金星は女性エネルギーの象徴であり、火星は男性エネルギーの象徴なんですね。

太陽と月も、それぞれ男性性と女性性を意味しますが、太陽と月にはもっと原理的な意味も含まれてきます。
それは、私たちの変わることのない「魂の本質」と言ってもいいかもしれません。

金星と火星も、もちろん私たちの本質ではあるのですが、太陽と月と比較すると、より付随的なものと言えるかもしれません。

火星のエレメントで好みの男性タイプをざっくり見てみると

さて。

私たち女性にとっての、いわゆる「好みの男性」というのは「火星」が象徴するのですね。

たとえば、火星におひつじ座やしし座やいて座などの火のエレメントの星座を持つ女性だったら、サバイバル精神にあふれるタイプ、ぐいぐいと自分を引っ張っていってくれるような男性が好みなんだろうな、と思われます。

火星におうし座やおとめ座ややぎ座などの地のエレメントの星座を持つ女性だったら、安定しているけど保守的なタイプ、堅実で真面目な男性が好みなんだろうな、と思われます。

火星にふたご座やてんびん座やみずがめ座などの風のエレメントの星座を持つ女性だったら、知的でサッパリとしたタイプ、友達のように対等におつき合いできる男性が好みなんだろうな、と思われます。

火星にかに座やさそり座やうお座などの水のエレメントの星座を持つ女性だったら、甘えたり嫉妬したりと愛情を惜しみなく表現してくれるタイプ、少し甘えん坊な男性が好みなんだろうな、と思われます。

好みの男性はあなたの求めている恋愛スタイルに応えてくれそう?

で、ここで問題になるのは、金星と火星のコンビネーションなんですね。

相手との相性云々を語る前に、自分自身の金星と火星のコンビネーションが調和的なのか、調整が必要なのか、ということが重要なポイントになるのです。

なぜなら、金星と火星のコンビネーションは、自分の好みの男性タイプ(火星)と、自分の恋愛スタイル(金星)の調和がとれているのかどうか、エネルギーの流れがスムーズなのかどうか、ということを意味しているからです。

先に挙げた、火星に火のエレメント(おひつじ、しし、いて)の星座を持つ女性の金星が、水のエレメント(かに、さそり、うお)だったとしたら。

好みの男性は、男らしくて行動的で自分主体で行動するようなタイプなのに、いつも愛情を確認しているような甘い恋愛スタイルがお好み、ということになるのです。

実はここにちょっとした自己矛盾が生じてしまっているのですね。

「俺について来い」的な男らしい男性に、いつも一緒にいてベタベタしたいと求めても、その欲求は残念ながら完全に満たされることはないのです。

そのせいでなんだか不完全燃焼・・・という感じになってしまうのですね。

そして「彼とは相性が悪いのかしら」とか、「いつも不毛な恋愛ばかり」などと悩むことになってしまったりします。

自分の恋愛傾向に気づくことで相性はもっと良くなっていくよ

ちょっと難しい話になるかもしれませんが、すべては自分の中にあるものの反映にすぎないということなのです。

相手との相性が悪い、相手が悪い、と嘆く前に、自分自身の恋愛傾向というものをしっかり認識することが、良い恋愛をするためのポイントになるのです。

自分の中に矛盾するものがあったとしても、それをちゃんと認識することができれば、ないものねだりをしなくなったり、うまくいかないことがあったとしても自分を振り返ることができたりするのですね。

金星と火星のコンビネーションを見ることで、恋愛がスムーズなタイプなのか、恋愛を通して学びや成長をするタイプなのか、ということの大枠(おおわく)を知ることができるのです。

ま、あくまでも「大枠」です。
私たち人間は複雑な生き物なのでね。

金星と火星以外にも、恋愛に影響を及ぼすものはたくさんあるのでね。

でも、なぜかいつも恋愛がうまくいかないとか、最初はうまくいってるのにだんだんダメになるなどと悩まれている人は、いちどご自分の金星と火星をチェックしてみるのもアリなんじゃないかな、と思います:)