こんにちは。

占術には東洋系と西洋系があるよ

個人的な話になりますが、私が一番最初に勉強した占術は、「四柱推命」という東洋系のものでした。

まだ10代の頃に、「誰にも話していないのになんでわかるの?」というようなことを、たかだか(失礼:))コンピューターの四柱推命占いにズバリ言い当てられて、衝撃と感銘を受けたからです。

四柱推命を学ぶことはとても楽しく、その後も東洋系の占術をひととおり習得していきました。

西洋占星術やタロットなどの、西洋系と言われる占術を学び始めたのは、占いを勉強し始めてから5年以上が経過してからだったと思います。

そして今では西洋系の占術をメインに使っています。
東洋系の占術は、補助的に使う時がある、、という感じです。

なぜかというと、西洋系の占術は、解釈がとても自由に感じられて、自分の中のイマジネーションをとても刺激されるからなのです。

この自由さは、東洋系の占術にはあまりないように個人的には感じています。

占いを習得するには、基本をしっかり覚えること

もしも、占いができるようになりたい!と思っている方がいらっしゃるならば、東洋系も西洋系も、まず基本的なことはしっかりと覚えなくてはなりません。

ここを飛ばして「占えるようになれたらな〜」と思ったとしても、それはちょっと無理なんですね。
なにも使わずに占ってしまうと、それは「霊感占い」と呼ばれるものになってしまいます。

占い好きの人々の中には「霊感こそホンモノ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「霊感」ほど人間力が問われるものはないのですね。

その占い師さんがどれほどの人間性を持っているのか、しっかりと分かった上で占ってもらうのは良いと思うのですが、よく分からない場合はちょっと注意した方がいいかもしれません。

さて、東洋系も西洋系も、基本的な星の意味や解釈の仕方などはしっかりと覚えなくてはなりません。

それがひととおり大丈夫かなと思えれば、実際に占うことができるようになるのですが、そこで必要になるのが想像力と語彙力です。

誰かを占うときには、その人の心に寄り添って

基本の意味を踏まえて、その命式やホロスコープチャートやタロットカードが何を訴えているのか、それを読み取らなくてはなりません。

その時に、自分が一生懸命覚えたことだけにこだわってしまうと、良い鑑定にはならない可能性があります。

なぜなら、占いというのはあくまでも占ってもらう人のためのものだからです。

自分を占うのであれば、たとえうまく言語化できなくても、なんとなく意味をつかんだり、こっちにしておいた方が良さそう、などということが分かればOKですが、相手がいる場合は、ちゃんと相手が納得するように伝えなくてはなりません。

どのような言葉を選べば相手に伝わるのか、どのようなメッセージを相手が必要としているのか、それを常に考えることも大事なスキルになるのですね。

そのためには、相手の人とのコミュニケーションはとても大事ですし、相手に寄り添うということができて初めて、心に響く言葉を伝えてあげられることができるのではないかな、と思います。

東洋系の占術は、ズバリ答えがほしい人向き

さて、東洋系と西洋系の占いの違いですが、東洋系は「この星の意味はこうである」というのが、結構しっかりと割り振られているんですね。
それぞれの星の意味をしっかり読んでいく、というイメージになります。

なので、命式や星さえ分かってしまえば、その意味がブレることはあまりありません。

また、星同士の組み合わせの良いパターンや悪いパターンが結構ハッキリしていて、そのパターンに当てはまってしまうと、そう読むしかない、、、という感じです。

悪いと言われるパターンに当てはまってしまった場合には、「救いがないなぁ」と思わされる鑑定になってしまうこともあるのですね。

でも、ズバリはっきり言ってほしい!などと言うときには、東洋系の占いは真価を発揮するでしょう。

西洋系の占術は、解釈の幅が結構広いよ

一方、西洋占星術やタロットでは、それぞれの星やカードに、もともと「良い・悪い」(分かりやすくするために「良い・悪い」と単純に表現しています)両方の側面を持たせています。

良い悪いというよりは、「強さ・弱さ」という感じでしょうか。

強く出るとこうなる、弱く出るとこうなる、バランスがとれてるとこうなるよ、という感じで、解釈に幅があるのです。

さらに、星同士の組み合わせにもそれは当てはまり、解釈の幅はとても広いのですね。

もちろん、西洋占星術でも「あまり良くない」と言われるパターンは存在します。
ですが、そのパターンを補って余りある情報が他にもたくさん存在しています。

なので、占い師サイドとしては、基本から外れていなければ、いくらでも自由に読んでいくことが可能になるわけです。

占いで得た情報は、人生を楽しくクリエイトしていくためのヒントだよ

「これは良いですよ」「これは悪いですよ」という断定的な物言いをするのは、本来とてもナンセンスです。

私たち人間は、多面的な要素を持った存在であり、どの側面が顔を出すのかは、まわりの環境などによって容易に変化していくものです。

同じように、「良い運勢・悪い運勢」なんてものは存在しないし、「良い人生・悪い人生」なども存在しません。

そんなものは、本人の捉え方によっていくらでも変わっていくし、あくまでも私たちが主体。人生の主導権は私たちが持っているのです。
私たちは星に支配される必要はまったくないのですね。

星が教えてくれるものは、あくまでも「情報」であり、それは私たちがより良い人生を生きるためにヒントとなるものです。

うまくその情報を活かして、人生を楽しくクリエイトしていくためのものです。

私たちは生まれながらに人生をクリエイトする力を持っている

ちょっと話がずれてしまいましたが、そんなわけで、自由な解釈をすることができる西洋系占術の方が、占っていて楽しいし個人的にはしっくりくるよ、というお話でした〜:D

とは言え、西洋占星術でもガッチガチに「この星回りはこうなる!」みたいにきめつけて読む占い師さんも存在することは確かです。

それもネガティブな意味をかたくなに信じていたりするので、そーゆー解釈を耳にするとちょっと悲しくなったりします。

もうあとは、占い師さん個人の力量であり、人生観の問題ですね。

解釈の仕方や、紡ぎだす言葉にほど、占い師さんの人生観が反映されるものはないのですね。

そしてまた、その言葉をどう解釈するのか、その言葉から何をキャッチするのか、それは占われるみなさんにかかっています。

占いを盲信することなく、あくまでも1つの情報としてとらえてくださいね。

私たちは生まれながらにして、人生をクリエイトしていく素晴らしい力を持っているんですよ:)