こんにちは。

思い込みって簡単に手放せるの?

ヒプノセラピー(催眠療法)は、潜在意識を旅するセラピーですが、同じように潜在意識を扱うヒーリングやカウンセリングは結構ありますね。

どれも、潜在意識にある思い込みを書き換えて、生きやすくしていこう、というものですね。

たしかに、潜在意識に深く入り込んでしまった思い込みや信念は、解放できるならそれに越したことはないですよね。

でも、その思い込みって、そんなに簡単に手放せるものなのでしょうか。

自覚できているかどうかがポイント

もちろん、私たちが「こんな思い込みがある。もう手放したい」と、ちゃんと意識(自覚)できている場合には、解放も変容もすぐに起こると思います。

でも、もしもぜんぜん自覚できていない状態だった場合。

セラピストとの対話などによって、その場で「こんな思い込みを持っていたんだ」と気づいたとして。
手軽にその意識を変えてしまいましょう!みたいな感じで、アファメーションを唱えたり、新しい意識を潜在意識に入れてもらったりしたとして。
それってどうなんろう、って思います。

果たしてそれで、本当に意識って変わるんでしょうか。

一生をかけて変容していってもいい

なんかね。

世の中には、「速攻で意識が変わります!」とか、「変容は瞬間的に起こります!」とか、「すぐに癒されます!」とか、スピード重視!みたいな風潮があったりしますよね。

それにちょっと違和感を覚えるんですね。

というのも、もし深いところに入ってしまってる思い込みがあったとしたら。

それに気づいて、その意識を手放して、変容させて・・・ということを、一生の人生の中で、ゆっくりと味わって味わい尽くして、もう必要ありません、という感じで自分が心から思うことが重要なんじゃないかな、と思うからです。

もしかしたら、それを大きなテーマに掲げて、今回生まれて、頑張って取り組んでいる最中なのかもしれないからです。

それを、ささっと「解放!変容!」みたいにお手軽にやってしまおうというのは、ちょっと違うんじゃないかなー、と。。

心が納得するまでゆっくりでいい

もちろん、生きやすくなったほうがいいというのは、当然のことではあります。

だから、私たちは、より自分の感情や思考に意識的になって、必要のないものを自主的に手放そう!という主体性を持っていたほうが良いですね。

主体的に取り組めるなら、それはもうどんどん手放して、スピードアップして行って良いと思うのです。

でも、もし、なんとなく世の中の風潮とかに影響されて、なんだかよく分からないけど、ヒーリング!とか、変容!とか、願望実現!とかに走っているのなら、ちょっと立ち止まってもいいのかな、と思います。

自分が心から望まない限りは、なにも得られないからです。

自分が心から望んでいるのかどうか。それをもう一度考えてみてもいいのかな、と。

そして、セラピスト側も、「すぐに!変容!癒し!解放!」なんてならなくても、良いのだということを、もっと意識してもいいのかな、と思っています。