こんにちは。

「セラピー」と名のつくものは、今は世の中にたくさん溢れていますね。
どれを選んでいいのか分からない、という人もたくさんいると思います。

セラピーを受けるときに大事な2つのポイント

どのセラピーを選んだら良いのかというのは、結論から言ってしまうと、自分の直感が「これ!」とピンときたものを受けると良いと思います:D

ホームページの雰囲気とか、セラピストの雰囲気が気に入ったからとか、なぜかどうしても気になるから受けてみたい、そんな感じで十分だと思います。

一方で、何度も目にしたり聞いたりはするけど、どうしても受ける気にならない、なんていうものがあったら、そのセラピーとは縁がなく、それで良いということかもしれませんね。

私たちは、必要なものに自然に導かれていくので、あまり構えないで、考えすぎないで、まずは受けてみることをおすすめします。

とは言え、どんなセラピー(セッション)でも、受ける際の心構えがあるんですね。
これは、どのセラピーでも共通です。

それは、
1.素直な気持ちでセラピー(セッション)にのぞむ
2.主体的にセラピー(セッション)にのぞむ
ということ。

この2つ、とっても大事です。もうこれに尽きると言っていいと思います。

素直な気持ちでセラピーにのぞもう

1番の「素直な気持ちで」というのは、言い換えると、「ハートを開いて、ニュートラルな状態で」ということですね。

まあ、セラピーの予約をして受けるぐらいだから、否定的な態度ではないと思いますが・・・^^;

でも、どこかにそのセラピーやセラピストに対して疑いがあったり、アラを探そう、というような意識があったりすると、受け取れるものも受け取れなくなってしまうんですね。

セラピーやセッションを受けるときには、いったん、自分の持っている価値観や信念は横においておくことをおすすめします。

「自分の価値観は、もしかしたら必要のないものなのかもしれない」という可能性を受け入れてみてくださいね。

なぜなら、セラピーを受けるということは、どこか生きづらかったり、うまくいかないところがある、ということですよね。
それはもしかしたら、ずっと持ち続けてきた価値観が原因かもしれません。

まっさらな気持ちで、セラピーと向き合ってみてくださいね。
もしかしたら想像とぜんぜん違うことを言われたりされたりするかもしれませんが(笑)、それで良いのです。

むしろ、今までとはまったく違う価値観や教えがやってくるということは、意識を拡大するチャンス!なんですね:)

主体的にセラピーにのぞもう

2番の「主体的にセラピーにのぞむ」というのは、言い換えると、「自分が自分を癒して救うのだ、という意識を持つ」ということなんですね。

「え?セラピストが癒してくれるんじゃないの?」と思うかもしれません。でも、それは実は違うんですね:) 

セラピストがクライアントを癒して救うのではなくて、クライアント自身が自分を癒して救うんですね。
セラピストは、そのサポートをするだけなのです。

なぜなら、「癒しは、本人が本気で癒されたいと思わない限り起こらない」んですね。

その意識がないと、いくらセラピーやセッションを受けても、根本的には何も変わりません。

もしかしたら、「癒された気分」にはなるかもしれません。でも、その気分は長続きしないんですね。もう大丈夫!と一瞬は思ったとしても、しばらくするとまた同じことで悩んでいた、ということになってしまうんですね。

すべては、自分がどうなりたいのか、そこにかかっています。
しかも、それが本気かどうか、にかかっています。

「癒されたい、もう必要のないものを手放したい、変わりたい」そう本気で思って初めて、ヒーリングのエネルギーを受け取れるし、癒しや解放が起こるんですよ:D

成長の道のりを楽しんで

素直な気持ちと、主体的にのぞむ気持ちがあれば、どんなセラピーを受けても、きっと素晴らしいものを受け取ることができるでしょう。

それは、何らかの「気づき」かもしれないし、愛に満ちたエネルギーかもしれません。

いずれにしても、あなたに必要なものをきっと受け取れるはずです。

一気にすべてが癒されて解決!とは、ならないかもしれません。

でも、セラピーを受ける前と、ちょっとでも意識を変えることが出来たのなら、それは素晴らしいことなんですよ❣
それを喜んでくださいね:D

成長は、一歩一歩で良いのです。
小さな気づきの積み重ねが、やがて大きな覚醒につながるかもしれません。

あなただけの道のりを、どうか楽しんでくださいね。