こんにちは。

みなさんは、インナーチャイルドという言葉をご存知ですか?
そのまま訳すと「内なる子供」。「内なる子供」ってなんでしょう?

私たちが本来持っていた純粋な子供の心がインナーチャイルド

私たちは、成長するにつれて、子供の心を忘れて「大人」として振る舞うようになるのですが、みんな最初は子供だったんですよね。

純粋で好奇心旺盛で創造的で優しくて強くて恐れを知らない・・・。
そんな純粋でキラキラした子供の心を、生まれた時はみんな持っていたはずです。

本来私たちが持っていた純粋な子供の心、それが「インナーチャイルド」です。

育つ過程においてインナーチャイルドは傷ついていく

私たちの心は、成長とともにいろんなことを感じ、経験し、どんどんと常識的な「大人」の仮面をつけていきます。
なぜって、そうでないと生きづらいからですね。

赤ちゃんのように、ただ自分の欲求に素直にいても許されている時期は、いつか必ず終わりを迎えます。
そして私たちは、少しずつ自分の欲求を抑えることを覚えて、ときには我慢したり、不本意なこともしたりしながら、大人になるということを覚えていくのですね。

弟や妹が生まれて、早くにお兄さんやお姉さんとして自立を促された場合は、十分に親に甘えることができないまま成長せざるをえなかったかもしれませんね。
自分に向けられていた親の愛を奪われたような気持ちになって傷つくかもしれません。

逆に、兄や姉といつも比較されて、自分にすっかり自信をなくして育ってしまった弟や妹の立場の人もいるかもしれません。

もしくは、まったく自分に関心を払ってもらえないような環境で育ってしまい、自分の存在自体を否定的に捉えるようになってしまうということもあるかもしれません。

さらに、特に親から厳しくしつけられたり、否定的な親に育てられたりした場合は、純粋な子供の心は急速に失われていってしまうんですね。
失われる、というよりも、心の奥深くに閉じ込めらていくといった感じでしょうか。

子供にとって、親との関係は切実なのでね。自立も出来ない年齢のうちは、親から見捨てられることは、生きていくことができなくなるに等しいことなのでね。
親に気に入られるように、親から嫌われないように、自分を調整していかざるをえないのですね。

私たちは多かれ少なかれトラウマを抱えている

私たちは、多かれ少なかれ、子供心にたくさんの傷を負って成長しているのですね。
親子関係で深く傷つくようなことを経験する人もいれば、子供同士の関係だったり、まったく違うところで大きなショックを体験することもあるでしょう。

そしてその傷はトラウマとして、心の中に残っているのです。
トラウマなんて大げさなんじゃないか、と思われるかもしれません。

でも、傷の大きさや深さなんて誰にもはかることはできないんですよね。
何によって傷ついたのか、そのときの傷がどれほど大きかったのか、はかろうとすることはナンセンスです。

ある一言で、深く傷つく人もいれば、何とも思わない人もいます。
だから、このような出来事や言葉は、より大きな傷になるはずだ、ということも一概には言えませんね。

傷の大きさや深さは、その人だけのもので、第三者はそれを判断できるものではないんですね。

ある言葉や出来事によって、「傷ついた」という事実が重要なのです。

インナーチャイルドを癒して世界を変えよう

この傷ついたインナーチャイルドを抱えて生きていると、私たちは心からの幸福感を感じにくくなります。
根本的な自分の存在意義に対してのトラウマを持ってしまった場合は、それが特に強くなってしまうかもしれません。

そうでないにしても、ふとした拍子に、トラウマを抱えた原因を思い出させられるような場面で、そのインナーチャイルドが暴れだすことがあります。
その結果、いつも自分に自信を持てなかったり、人間関係がうまくいかなかったりしてしまうんですね。

だから、インナーチャイルドとしっかり向き合って癒やしていく、というのは、本当にとてもとても大事なんですね:)

子供の頃に受けた傷に、わざわざ向き合いたくない!と思うかもしれません。
でも、その傷が、いかに私たちを縛って生きづらくさせているのか、それに気づくと世界は変わりますよ!

そしてインナーチャイルドを癒やして、その子と仲良くなれると、今度は素晴らしいエネルギーをもらうことができるのです。

本来私たちが持って生まれた純粋なエネルギー。それを取り戻すことができるんですね。

私たちは、いかに強く純粋で、愛に満ちた存在だったのか、それを思い出すことができるのです。

持って生まれた純粋なエネルギーを全開にして生きていきたいと思うなら、ヒプノセラピーでインナーチャイルドに会いに行きましょう❣