こんにちは。

あなたは子供の頃、家庭の中でどんなふうに育てられてきましたか?

幼少期の環境は私たちに強い影響を与える

幼少期の家庭環境や教育というのは、私たちに強い影響を与えています。

私たちは、だいたい8〜9歳ぐらいまでに、物事を判断する「基準」のようなものが出来上がっていくのですが、その年齢になるまでは、脳はあらゆることをどんどん吸収していくのですね。

幼少期の脳はとても無防備で、ある意味、催眠状態に近い状態です。
良いことも悪いことも、自分の五感で感じたことすべてを、潜在意識にどんどん埋め込んでいきます。

そしてその経験や記憶の中から、「このような場合にはこうした方がいいのだろうな」とか「これは危ないからしてはいけないんだろうな」などと、私たち個人個人の「判断基準」が作られていきます。

同時に、私たちが自分自身に抱く「自己肯定感」といわれるものも形成されていくのですが、みなさんは自分に対する肯定感は高いですか?低いですか?

私たちは本来、何もしなくても愛される価値がある

「自己肯定感」とは、どんな自分に対してもOKと言える、という感覚ですね。

たとえ仕事がなくても、お金がなくても、友達がいなくても、「私はこれでOKなのだ!」という感覚です。
ちょっと例えが極端になってしまいましたが・・・(^_^;)

言い換えると、
「たとえ何もしなくても、何も持っていなくても、私は愛されるに足る存在であると思える」という感覚なんですね。

私たちは本来、何かができるから、何かを持っているから、何かを与えるから愛されているわけではなくて、存在そのものが愛に値するのですね。

生まれたばかりの赤ちゃんは、その存在だけで、まわりの人を幸せな気持ちにしますよね?
特別に何かをしなくても、十分に愛される存在ですよね?
生きているだけでまわりを幸せにする存在ですよね?

私たちも、昔は同じように赤ちゃんだったんですよね。同じようにまわりを幸せな気持ちにして、十分に愛されていた存在なのです。

でも、私たちは成長するにつれて、いろいろな条件をつけるようになってしまうんですね。

「お母さんの言うことを聞いたから良い子」
「お手伝いをぜんぜんしないから役に立たない子」
「勉強ができないからダメな子」
「テストで良い点数をとったから自慢の子」

そんなふうにして、育つ過程において、いろんな条件を植えつけられていきます。
そしていつの間にか、お手伝いをしたり、良い成績をとったりしないと、親からの愛を受け取れないような感覚に陥ってしまうのですね。

愛に条件はない

でも、本来はそんなことはないのですね。

親は私たちのことを、何かと引き換えにして愛しているわけではないのです。

同様に、私たちも親のことを、何かをしてくれるから、何かをくれるから愛している、というわけではないですよね。

ただ、親も完璧な人間ではないのでね。
表現方法が未熟だったり、接し方が雑だったり、感情を子供にぶつけてしまったりするのですね。
その結果、誤解や錯覚が生まれてしまった、というだけのことなのです。

でも、幼少期に、そうやって潜在意識に埋め込まれてしまった記憶や感覚は、私たちの頭や心を支配して、その後の人生に影響を及ぼしていくのですね。

だから、とても責任重大ではあるのですが、それもまた親子の、家族の学びなんですね。

自分の中から真実の答えを導き出して

幼少期に埋め込まれた条件付けに気づかないで生きていると、自己肯定感はいつまでたっても低いままになってしまいます。

もし条件をクリアできなかった場合、そんな自分にダメ出ししてしまうんですね。
そうなると、悪循環です。
いつまでたっても自分を認めることができなくなってしまいます。

私たちは、まわりの言うことを聞くから、誰かの役にたつから、仕事ができるから、良い成績を収めるから、価値があるわけではないのです!

そのことに気づいてくださいね。

そして、自分の心が本当は何を望んでいるのか、何を求めているのか、どうしたいのか、そこにフォーカスするようにしてください。

なにも制限や条件がないのならどうするのか。
常に、その状態を想定して、いろいろなことを考えてみてくださいね。

そこから出てきた答えが、真実の答えなのです❣