こんにちは。

西洋占星術では「最大の吉星」と呼ばれる「木星」。

この木星は、だいたい1年間1つの星座に滞在します。

なので、「木星」がやってくる星座は、「12年に1度の大幸運期!」などと言われるのですね。

その木星、今までは「さそり座」にいたのですが、もうすぐ、11月8日には次の「いて座」へと移動するのです。

木星がいる期間は行動あるのみ!

さそり座のみなさんは、この1年はどんな年でしたか?

いろんなことにチャレンジできましたか?

単純に解釈すると、木星=幸運なのでね。
木星がやってくると、スムーズに物事が運ぶようになります。

新しいスタートをきったり、ちょっと背伸びした目標を追いかけるのに最適な期間なんですね。

まわりから自然とサポートしてもらえたり、自分が思い描いていたような形に夢が実現したり。

ツイてるな、と感じることも多くなるので、とにかく「行動あるのみ!」なのです。

ここでスタートしたことを足がかりにして、これから更に大きく飛躍する、なんてことも十分に考えられる時期なんですね。

木星のいる期間に、なにもせずにボーっとしていることほど無駄なことはないのです。

さて、残り1ヶ月をきりましたが、まだ木星はさそり座にいるのでね。

やり残していることなどがある人は、ここでチャレンジしてみると良いでしょう。

特に、さそり座の後半生まれの方。
だいたい11月10日ぐらいから22日ぐらいまでのお誕生日の人は、木星がピンポイントで通過していくタイミングなので、 奮起してみてください。

さそり座のみなさんはうまく足場を固めよう

そして、この1年間、てんやわんやで大忙しだった!いろんなことにチャレンジしまくった!なんてゆー人は、逆に、これまでに広げた風呂敷を、うまくたたむことを考え始めると良いでしょう。

というのも、木星には「拡大・膨張」という意味もあるのですね。

物事をどんどん広げていく力はあるのですが、それをうまく収束させる力が弱いんですね。

手を広げていろんなことにチャレンジするのは良いのですが、やりっぱなし、広げっぱなし、になりやすいのです。

木星がいて座に移動すると、「祭りのあと」のような状態になりかねません。

木星が去った後も、成長・発展していくために、なにを手元に残すのか、なにを育てていくのか、それを絞ることを考えると良いでしょう。

あれもこれも!と欲張ってしまうと、結局どれも実にならずに単発の花火みたいになってしまった・・・、なんてことにもなりかねません。

この1年、すごーーーく調子が良かった!これからもずっとこの調子が続くはず!などと思わずに、しっかりと足場を固めることを意識してみてくださいね。

木星の幸運をちゃんとキャッチするには

木星はスポットライトみたいなものです。

木星がやってくると、自分にスポットライトが当たったような感じになります。

ふだん地味でおとなしい生活をしていたとしたら、なにかとまわりから引き立てられたり、注目されたり、表舞台に出るようなことが起こる、そんなイメージなんですね。

だから、単純に分かりやすく「良い」ことがある、というわけでもないかもしれません。

よく鑑定の場面で、「去年は木星がいたのに、なにも良いことありませんでした」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

そもそも「良いこと」の定義がとても曖昧で、人それぞれ捉え方が違う、ということもありますが、すごーーーくわかりやすい形でないとキャッチできない、という人も多いのかな、とも思います。

たとえば、宝くじに1億円当たった!とか、高収入のイケメン男性がいきなりバラの花束もってプロポーズしてきた!なんてゆーぐらいの分かりやすさでないと、「良いこと」と捉えられない人もいるのかな、と。

でもね、そんな漫画みたいな棚ぼた的なことは、そうそう起こりません(笑)

そして、そんな受け身な姿勢でいては、なにもキャッチできません。

普段から、ぜひとも感性を磨いていただければな、と思います。

11月からいて座に木星が移るよ

いよいよ来月8日からは、いて座に木星が移動します。

もともといて座の守護星は木星なのでね。本来の自分の惑星が帰ってくることになります。

いて座の人は大ブレイクするチャンスですね:D

そして、いて座と同じ火のエレメントグループである、おひつじ座としし座の人も、いろんなチャンスに恵まれやすくなるのでね。

目標に向かって大きな一歩を踏み出してほしいな、と思います。