こんにちは。

私たちの世界は、すべて、自分の思い込み(価値観)でできています。
・・・いきなりそんなこと言われても、は??という感じでしょうか。
それとも、そんなこと知ってるよ、という感じでしょうか。

人の数だけ、見えている世界がある

私たちは、生まれてから今まで、いろいろなことを体験し、いろいろな感情を味わってきていますよね。
そのすべての体験と感情は、いつの間にか私たちの価値観を作り上げていて、私たちは、無意識のうちにその価値観に従って生きているわけです。
その価値観を通して、私たちは世界を見ているし、世界ができあがっているのです。

そして、その価値観は、1人1人まったく違うのですね。
たとえ育った環境が同じだったとしても、感じ方は人それぞれです。
同じ出来事を経験しても、その経験をどう認識して記憶するのかは、その人によって違うのです。

なぜ違うのかといえば、持って生まれた性質が違うからですね。魂が違うから。
それを性格と言ったり、個性と言ったりもしますね。

だから、自分が感じていることを、まわりの人がまったく同じように感じているなんてことはあり得ないし、逆に、誰かの価値観が自分の価値観とまったく同じだということも、本当はないわけなのです。

人の数だけ、見えている世界があって良いのです。

ホントはみんな意見が違っていい

人間関係で摩擦が起きるのは、その価値観の違いを分かっていないから、ということがほとんどです。
それは、家族間でも、友人間でも、仕事場においても。
誰かが自分と違う意見を言ったりすると、まるで自分が否定されたかのように感じてしまったり、違う意見を言う人は、「敵」とみなしてしまったり・・・。

でも、誰かが自分の意見に反対したからといって、自分が否定されたわけではないのです。
同じように、誰かの意見と自分の意見が違ったとしても、その誰かの意見を否定する必要もないのです。
ただ、みんな自分の価値観に基づいて意見を言っているだけなのだ、と思えれば良いのですが。。

まぁこれはなかなか難しいんですけどね:D
なんせこの日本は、個性よりも調和(良く言えば)を重視した教育方針なのでね。
みんな意見が違っていいんだ、なんて教わってないですもんね。

しかも、代々この教育方針の中で生きてきているので、私たちの親世代も、そのまた親世代も、み~んな同じような価値観を良しとした世界で生きてきたわけです。
そして、そのような人たちから育てられている私たちの中にも、もちろんこの意識は根深く残ってしまうのですね。

みんな自分を認めてもらいたい

私たちは、みんな、自分に同意して欲しいのかもしれないですね。
そうやって、暗に「あなたは正しいですよ!あなたを認めますよ!」と、言ってもらいたいのかもしれません。

私たちは、どちらかと言うと、足りない部分に注目して、それを補ったり、間違いを正していこうという意識を無意識に持っています。
これまた日本の教育によるものなのですが、これって、「私たちはマイナスである」という前提からのスタートなんですよね。
自分はまだまだ未熟だから、努力して良くならなくては!ぜんぜん足りないからもっと持たなくては!と。

小さいときから、そうやって教育されてきた私たちは、常に自分がマイナスであると、足りない存在であると、そんなふうに、無意識に思ってしまっているのかもしれません。

自分自身が自分を認めてあげることが大事

でも、本当はそんなことないのです。
マイナスだと思い込まされてきただけであって、私たちは本来、ありのままで十分なのです。なにかが欠けている、ということはないのです。
なにかが出来ないからといって、なにかを持っていないからといって、私たちの価値がなくなってしまう、などということはないのです。

そうじゃないと、いつまでたっても自分にOKが出せない。それって、とっても生きづらいし不幸なんです。
だから、自分の外側に「私のこと認めて、認めて」と、求めてしまうのです。

でも、自分自身が自分のことを認めていないと、まわりからも認めてもらえません。これは、鏡の法則です。
「自分は認めるに足りない存在である」という思いを持っていたら、まわりからもそうやって扱われてしまいます。
とゆーか、その現実を引き起こしてしまっているのは、なによりも自分自身なのです。

自分にOKを出せると、まわりにもOKを出せる

だからまず、なによりも、自分自身が自分のことを認めてあげること。
「あなたは十分よくやってるし、そのままで完璧な存在なんだよ」って。

そうすれば、まわりからも認めてもらえるようになるし、人のことも認めることができるようになります。
誰かが自分と違う意見を言ったって、「そんな意見もあるんだ、いいね!」というふうに、肯定できるようになるのです。

これって、とっても素敵な世界ですよね!
みんながみんなのことを肯定して生きていける。

「そんな世界なんてあるわけない」な~んて思わないで、まずは自分から。1人が変われば、まわりも変わっていくことができます。
それに、自分を認めることができたなら、もうあなたの目に映る世界は変わっているはずですよ:D