こんにちは。

過去世って、本当にあるのでしょうか?
人は死んだらそれで終わりなのか?とか、生まれ変わりって本当にあるのか?という問いとイコールなわけですが、そんな疑問を持つ人はたくさんいるでしょう。

過去世って本当にあるの?

特に、目に見えるものがすべてと考える人々にとっては、人間の生まれ変わりなんて信じがたいことかもしれませんね。

でも、この世の中には、科学で解明できないことはた~くさんあるし、特に私たち人間の神秘なんて、数え切れないほどありますよね。

実際、「過去世はあるのですか?」と聞かれたら、「それはわかりません」と答えるしかありません。
だって、証明なんてできないから。

でも、ヒプノセラピーで催眠に入ると、なぜか見えてくる映像があったり、自然と分かってしまう感覚があったりと、理屈では説明のつかないことが起こるのです。
そして、その人物の感情が痛いほど伝わってきたり、「知っている」という不思議な感覚が襲ってきたりすることもあります。

さらには、その人物の気持ちや感じていることが、現在の自分とまったく同じであることに気づいて驚かされたりするのです。

過去世は、私たちの魂の記憶

私たちの潜在意識には、いろんなお宝:D が眠っていて、そのひとつが「過去世の記憶」なんだと思います。
過去世の記憶は、私たちの魂の記憶に他なりません。

だから、過去世の中に出て来る人物は、どこか自分と似ているところがあるはずです。
それは、性格だったり、物事の考え方だったり、何かの癖だったり、身体的な特徴だったり・・・。
いずれにしても、まったく自分と違う人物ではないはずです。
ああ、これは私だ!と、どこかで納得できるのではないかと思います。

私たちは、進化成長するために、この地球で生きています。
過去世からずっと引きずっている考え方の癖があって、もうそれは必要ないな、と思うなら、思い切って手放すということが、進化成長につながることもあります。

または、過去世から持ち越している素晴らしい特性があるのに、今生ではそれを発揮できていないのなら、自信を持ってその性質を使っていけば良いのです。

私たちはみんな魂の本質を生きたい

そんなふうに、過去世を見ることで、なんらかの気づきを得ることができるのです。

過去世を旅することで、
自分の本質に気づけたり、
生きる希望を持つことができたり、
もう必要のない癖を手放すことができたり、
人生は愛に溢れているのだ、ということに気づけるのなら、そんなに素晴らしいことはないと思うのです。

過去世が本当なのかどうか、ということを論じるのは、もはやナンセンスなんじゃないかって。

私たちの潜在意識はとても賢いのです。
何か問題があるのなら、それに気づかせて正しい方向へ向かわせようとするし、方向転換するきっかけを必要としているのなら、起爆剤となるような出来事を起こそうとするでしょう。

まるで潜在意識に操られているかのような感覚になるかもしれませんが、それは私たち自身が、無意識のうちにそう望んでいるから、そうなるだけなのです。
私たちはみんな、魂の本質を生きたいのです。

私たちの本質は愛のエネルギー

ヒプノセラピーで過去世を旅することは、私たちが自分の魂の本質に気づける素晴らしいチャンスです。

セラピーの中では、過去世を生きた人物(過去の自分)が息を引き取ったあと、その人生を光で癒やしてから、現在の自分と対面します。
そのときに何を受け取るかは、クライアントさん次第なのですが、それは、筆舌しがたい愛のエネルギーに満ちた時間となるでしょう。

自分という存在の素晴らしさに、ぜひとも気づいて、そのエネルギーを受け取っていただけたら、そんな風に願っています。