レインドロップでは、オレガノ、タイム、バジル、サイプレス、ウインターグリーン、マジョラム、ペパーミントの7種類のシングルオイルと3種類のブレンドオイルを使用します。

今回は、シングルオイルのオレガノについてご紹介させて頂きますね。

*ペパーミントは以前の記事をご参照下さい。

オレガノの効用

花・葉を水蒸気蒸留法

効用:抗炎症作用、抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、消化促進作用、抗新菌作用、組織再生作用、鎮静作用、強壮作用など

芳香成分:フェノール類のカルバクロールが多く含まれていて刺激が強い精油です。

カルバクロールは抗ウイルス、抗菌の作用が優れているので、風邪やインフルエンザ、感染症などに効果的で天然の抗生物質と言われています。

消化促進や健胃作用があるので、胃の不調や消化不良にも効果があるようです。

去痰作用もあり気管支炎、喘息などに呼吸器系の不調に対しても有効です。

弱った心を強くして前向きにさせてくれる効果も期待できます。

オレガノはヨーロッパが原産で古くから儀式や、薬、料理に使用されたりと貴重な生活必需品とされてきた精油です。

ギリシャ語で山の喜びを意味するoriganumが由来と言われており、冠婚葬祭の儀式にも使用されてきたようです。

オレガノの使用方法

爪水虫にも効果があると言われ、その箇所に1日に2回直接つけると良いようです。

鼻炎やアレルギー症状、気管支炎や咽頭炎がある際には、水か飲み物で薄めて飲用すると早く治すことができるようです。

効果はありますが、10日以上続けての飲用は、善玉菌も殺して耐性菌を作ってしまう可能性もあるのでお勧めできません。

オレガノオイルを水で薄めてマウスウオッシュとして使用すれば、口臭を和らげるのにも効果的のようです。

コップ1杯の水などに1から2滴で良いでしょう。

*香りを楽しむアロマテラピーではそれほど気にする必要はないのですが、症状の改善を目的とした代替療法としてのメディカルアロマテラピーでは、内容成分の明らかな純度100%の精油を使いましょう。