こんにちは。

前回の記事で、不幸になるために生まれた人はいない、という内容をお伝えしました。
今日はもう少しつっこんだお話をしたいと思います。

私たちは生まれる前に、人生で学ぶテーマを決めてきている

一般的に「苦労してるんだね」と言われるような生い立ちの人は、実はとても強い人なんですね。

私たちは、生まれる前に、さまざまなことを決めて、選んで、この人生を歩んでいます。

「え??」という感じかもしれませんが、これは、実際に退行催眠などをしてみると、分かることがあります。
この人生でなにを学ぶのか、この人生でなにをするのか、ということを、自分が決めているということが、身をもって分かる場面に遭遇するのですね。

決めると言っても、具体的なことまで細かく決めるのではなく、大きなテーマを決めているという感じです。
例えば、「愛を学んでそれを伝える」とか、「苦しんでいる女性を助ける」とかね。

具体的に、どのように愛を伝えるのか、とか、苦しんでいる女性を助けていくのか、というのは、それは私たちの自由な裁量にまかせられているような気がします。

もちろん、「それらのことができる能力」というのは、持って生まれては来ているんですけどね。
でも、その能力を活かして、どんなふうに使っていくのかは、私たち次第なんですね。

私たちは自分が決めたテーマにフォーカスできるような環境を選んで生まれてくる

そして、これが重要なのですが、自分で決めたテーマを学ぶためには、そのテーマにフォーカスできるような環境を選んで生まれてくるのですね。

「愛を学ぶ」ことがテーマだとしたら、愛というものについて、とことん考えざるをえない環境を選ぶのです。

たとえば、両親からの愛を感じることなく育たなくてはいけない境遇だったりするわけですね。
そうやって、自分の決めたテーマを、とことん味わって考えざるをえないような体験をするのです。

「苦しんでいる女性を助ける」というのがテーマだったとしたらば、まずは、自分自身がそのテーマを味わって、自分のものにできるような環境に身を置くのですね。

まずは自分が苦しみを経験して、そこから何かを得るのです。
そして、その得たものを使うのかもしれないし、得たことを伝えていくのかもしれないし、そうやって、同じように苦しんでいる女性を助けていく、ということをやっていくのです。

決めたテーマをやるためには、まずは自分がそれを体験して、そこから学ぶのですね。自分も体験したからこそ、同じような経験をしている人の気持ちに寄り添えるし、力になれるわけです。

私たち1人1人にできることがある

私たちは、多かれ少なかれ、人々の役に立ちたい、とか、世の中の役に立ちたい、という気持ちをもっています。
世の中には、サポートが必要な分野は、それこそ数え切れないほどあるわけですね。

だから、私たち1人1人にできることがあるし、そのテーマは千差万別です。

まわりの人と違う体験をしている、人が普通は味わわないような感情を味わってきた、というような人は、ぜひそれを大事にしてくださいね。

あなたは自分で、それを体験することを決めてきたのです。そこから何かを学ぶことを、勇気を持ってやってみてください。

マイノリティであることは、時に孤独感や苦しみをもたらすかもしれません。
ですが、その孤独や苦しみを凌駕するほどの、愛と勇気を持っている魂なのだと、自分を信じてあげてくださいね。