こんにちは。

あなたはふだん、自分にどんな言葉をかけていますか?

あまり意識していないかもしれませんが、いちど、どんなふうに自分自身と会話をしているか、ちょっと思い出してみてくださいね。

自分を責めてダメ出ししていませんか?

たとえば、仕事でなにか失敗をしてしまった場合。明らかに自分がミスしてしまった、なんていうとき。
そのとき、自分にどんな言葉をかけると思いますか?

失敗してもケロっとしている、というのはどうかと思いますが、思いっきり責めて責めてダメ出ししておしまい、になっていたりしませんか?

「なにやってるの!あれだけミスしないように気をつけてたのに!!もうホントにバカなんだから!!やっぱり私って最低だわ!」
などと、自分にきつくダメ出ししてしまうなら。
そして、それがもしパターン化しているとしたら。

日常的に、何かあったときにまずは自分を責める、というのならば、ちょっと注意が必要かもしれません。

自分にかける言葉は自己暗示になっている

自分にかける言葉は、自分がふだん自分に対して思っていることなんですね。
それは、セルフイメージにつながっていきます。

自分に対する評価がとても低いと、いつまでたっても自信なんて生まれません。
さらに、日頃思っていることがそのまま世界に反映されますから、いつまでたってもダメな自分を体現するような出来事しか生まれないのですね。

なによりも、自分自身にかける言葉、自分に対する思い込みは、ほとんど無意識に繰り返されていて、どんどん潜在意識に深く根を張り、強固な信念となってしまうのです。
これは、自分自身に、繰り返し暗示を与えているのと一緒なんですね。

ネガティブな言葉のあとはポジティブな言葉で上書きする

だから、普段から自分自身とどんなふうに会話しているかって、とっても大事なんです。
ネガティブな言葉ばかり使ってしまう人、自分を責めまくってしまう人は、必ずフォローするように意識すると良いですよ:D

「ほんとダメなんだから!」と言ったあとで、「でも、次回から気をつければ大丈夫よ。次はちゃんとやれるから大丈夫!私はちゃんとやれる!」と、ポジティブな言葉でフォローするのです。
最初は違和感を感じるかもしれません。本当にそう思ってないのに、なんだか嘘っぽい、と思うかもしれません。

でも、意識してポジティブな言葉を使っていくと、今度はそれがどんどん潜在意識に入り込んで、ネガティブを上書きすることになるのです。

最初は嘘でもいいから、続けてみてくださいね。そのうち、それがパターン化されて、自然にできるようになるはずです。

自己暗示をかけるなら寝入りばなに

暗示は、催眠状態にあるときに、より効果が発揮されます。
自己暗示をかけるならば、催眠状態に近い状態のときにすると、より効果的ですよ:D

瞑想などをして、意識的に催眠状態(変性意識状態)を作ってもいいですし、一番簡単なのは、寝入りばなに暗示をかけるのです。

布団にはいって1秒で眠れてしまう人はちょっと無理ですがw、たいていは、眠ろうと思って目をつぶってから、少し時間があるはずです。
このときの意識こそ、催眠状態ですね。顕在意識はだんだんお休み状態になって、潜在意識の扉が開かれていく。顕在意識と潜在意識がつながっている。

この間に、ポジティブな暗示を与えていくと、潜在意識にすう〜っと入っていくのです!
これを利用しない手はないですね。
どんな言葉でも構いません。

「今日あったすべての出来事に感謝します。今日の経験は私にとって必要な糧となりました。明日も素晴らしい1日を過ごします。」とかね。
そのときになにか気になっていることがあるなら、それにフォーカスして文章を作ってもいいでしょう。

ま、アファメーションみたいな感じですね。
アファメーションするなら、ぜひ寝入りばなに!
同じ言葉を何回か繰り返すと、より効果的です。そのうち、いつの間にか眠っていることでしょう:D